離婚協議書作成 公正証書作成手続代行 本文へジャンプ
















財産の具体的分割方法

まずは分割すべき共有の財産を確定し、それぞれの評価額を算定してそれぞれの取得分を決定します。

自分の洋服や持ち物等、日常使っているそれぞれの物や、自分の親から相続、贈与を受けた財産や結婚前から各自が所有していた財産などは特有財産といって財産分与の対象にはなりません。

共有財産の具体的な分割方法には、大きく分けて現物分割、代償分割、換価分割があります。
支払い方法としては、金銭での一括払いや分割支払い、不動産、家具、自動車等の現物を取得する。
賃借権等の分与
夫婦の一方の名義の不動産に他方に無償や有償で使用貸借をさせたり、
賃借権を設定したり等の方法があります。

離婚時の約束は離婚協議書や公正証書等の文書にしておきましょう。
現物分割
現物分割とは、現物を分割する方法で、この方法が原則です。

代償分割
代償分割とは、一方が財産を取得する代わりに、他の一方にその代償として金銭を支払う方法です。
たとえば、夫が自宅マンションを取得する代わりに、妻に500万円を支払うというように分割します。
換価分割
換価分割とは不動産等財産のの一部または全部を売却して、受け取った代金を分ける方法です。
ただし、換価分割はよけいな費用や解約による損失等、大きな損害が出てしまう可能性がありますので、注意が必要です。
また、急いで売ろうとすると、値が下がったりと条件面で不利になることもあります。
特に、自宅を売却する場合に、住宅ローンが不動産の時価を上回ってしまう場合には大変な問題です。








離婚問題で後悔しないための離婚サイト

Copyright (C) 加藤昌宏事務所 All rights reserved.