離婚協議書作成 公正証書作成手続代行 本文へジャンプ









子の氏の変更

離婚した夫婦の子供の氏が同居する親の氏と異なる場合、家庭裁判所の許可を得れぱ子の氏を変更することが出来ます

離婚によって父母の氏に変更があっても子どもの氏・戸籍には何ら影響ありません。
子どもは、父親の戸籍に残り、姓は変わりません

しかし、同居する親と子どもの氏が異なる場合などは、家庭裁判所の『子の氏の変更許可」を申立てて、家裁の許可を得て入籍届をすれば氏を変更することが出来ます。

結婚するときに、氏を変えたほうが離婚後も旧姓を名乗らずに、結婚していたときと同じ姓を名乗る場合でも、父の戸籍と別れた妻の戸籍は同じ姓を名乗っていても別々の戸籍ですので、子どもの入る戸籍も変更しなければ、父の戸籍に入ったままということになります。

氏の変更の申立は子どもがするものですので、子が15歳未満であれぱ法定代理人である親権者の代理によって、15歳以上であれば本人の白主的な判断で申し立てることになります。

父が親権者で母が監護者となっているような場合は、事実上母が引き取って養育していても親権者である父が同意して申立てをしなければ子の氏を変更することは出来ません。

許可の基準は氏を変えることが子供の利益になるかという点にありますが父母の離婚により現に同居中の親子の氏が異なるような場合には原則として許可されています

氏を変更した子どもが、成人したときには、1年以内に市区町村役場に届け出て、元の姓(父の姓)に戻ることが出来ます。

申立人
子(子が15歳未満のときはその法定代理人が子を代理します。)

申立先
子の住所地の家庭裁判所

申立てに必要な費用
子1人につき収入印紙800円
(その他詳細は申立てされる家庭裁判所へ確認してください。)

必要書類

申立書1通
子及び父又は母の戸籍謄本各1通





Google



離婚問題で後悔しないための離婚サイト

Copyright (C) 加藤昌宏事務所 All rights reserved.