離婚協議書作成 公正証書作成手続代行 本文へジャンプ









面接交渉権とは

基本的には面接交渉は、子どもの利益や福祉のためにあるものです 夫婦が離婚すると、子どもはどちらかの親のもとで養育されることになります
離婚によって夫婦の縁は切れても、親子の縁は切れません

離婚後、親権者もしくは監護者にならなかった親は、子の養育に支障をきたさない範囲で、子に会う権利が認められています。これが面接交渉権です。
ただ、面接交渉が親の権利であるかどうか、という点については学説が対立しています

離婚後、親権者もしくは監護者にならなかった親が子に会いたいと思う場合、子を監護している親と話し合い、面接交渉の方法を話し合いで決めます

面接交渉の方法には、面会したり、旅行や食事などに行ったり、宿泊したりなど直接会うだけでなく、ビデオや写真などで子どもの様子を知らせてもらうなど間接的な方法で交流する方法もあります

また、夏休みなど子どもの長期間の休みなど特別な日のすごし方を決める場合もあります。

面接交渉の回数は、週1回、月1,2回、などが多いですが、住居がかなり遠い場合などは、年1,2回という場合もあります

面接交渉について父母間で協議が出来ないときは、家庭裁判所に面接交渉の調停を申し立てることができます。
調停がまとまらないときは、審判に移行します。
面接交渉決定には、やはり子どもの利益が優先されます












離婚問題で後悔しないための離婚サイト

Copyright (C) 加藤昌宏事務所 All rights reserved.