離婚協議書作成 公正証書作成手続代行 本文へジャンプ







1


内容証明とは
正式には内容証明郵便という郵便物の一種です。
内容証明郵便は誰にいつどんな手紙を出したのかを郵政事業庁が証明してくれる制度です。
内容といつ送付したのかという日時を証明できます

配達証明付にすれば内容証明が届いた日付も証明できます
内容証明郵便は単に文書の内容を証明するものですが、配達証明を頼むと、それが相手に届いたこととその年月日について証明されます
配達証明を頼むと配達した日を記載したはがきを送付してくれます

もし控えをなくしても郵便局に控えが保管されるので安心です

クーリングオフをはがきに解約すると書いてそれをコピーして通知する方法もありますが、たとえ差出人が発送した手紙を事前にコピーしていたとしても、相手が悪質だとあとでクーリングオフの通知のはがきをもらってないなどと主張されたときに、それが正確な文書のコピーであることを証明することは困難です

クーリングオフの通知は、原則として一定の書面の交付を受けた日から8日以内(20日以内)に発信されなければ効力を生じないこととされています。
従ってクーリングオフの通知が決められた時間に発信されたことを確実に証明できるようにしておく必要があり、はがきより料金はかかりますが内容証明郵便が確実です


内容証明の書き方
内容証明には字数に制約があります

1枚に書ける文字数が決まっていて、1行に20字以内、1枚に26行です

用紙もなんでもかまいません。縦書き、横書きは自由です。手書きでもワープロでも構いません。

手書きの場合は、一般的によく使われている、赤枠で赤いマス目の用紙が市販されているのでこれを使うと簡単です

内容証明郵便は、同じ文面のものを3通用意しなければなりません。1枚書いたら2通コピーすればいいでしょう

本文1通と謄本(コピー)2通の計3通が必要です。1通は相手に送り、1通は郵便局に保管し、1通は差出人の控えとして返されます

年月日・住所・氏名 を文書の中に、必ず書かなければなりません

内容証明文書以外のものは同封することはできません

差出人の氏名の下(縦書き)または右(横書き)に捺印します

2枚以上になる場合には、各ページの間に割印が必要です。つまり、2枚にまたがって印を押すことになります。

「訂正」や「挿入」や「削除」をする場合には、その「字数」「箇所」を欄外か末尾の余白に記入して押印しなければなりません
訂正は、通常、該当文字に二重線を引き、正しい文字を横に書き加え、該当個所の上部欄外(または末尾余白)に「2字訂正」「3字加入」などと書いて、そこに差出人のところで捺印した印鑑と同じもので捺印します。削除のみ・加入のみも同じです

内容証明の出し方

1)取扱い郵便局を確認する

内容証明は、近くの郵便局では扱っていないことがあるので、取扱いをしてくれる郵便局を確認する必要があります。

2)郵便局での手続き

窓口で作成した文書とその謄本(コピー)2通を提出します。
封筒  内容証明に記載したとおりの受取人の住所・氏名・差出人の住所・氏名を書いたものをあらかじめ用意しておきます

3)内容証明を出すときにかかる料金

 ・内容の証明 1枚なら420円、1枚増すごとに250円
 ・普通郵便料 80円
 ・書留料 420円
 ・配達証明料 300円

受取人が内容証明の受領を拒否しても、法的な効果としては、内容証明による意思表示は受取人に到達したとみなされます。この場合には、差出人に受取拒否の紙が返信されてきます








離婚問題で後悔しないための離婚サイト

Copyright (C) 加藤昌宏事務所 All rights reserved.